📚新刊👏 キングジョー「WHAT GOES ON」14年ぶり!2冊目の画集がいよいよ発売そして展覧会!

📚 [画集] キングジョー 「WHAT GOES ON」  定価:3300円(税込)👀詳しくは→ 📗

📣   画集を発売を記念して展覧会を開催いたします。 

手書きフライヤー画集「WHAT GOES ON」発売記念

キングジョー個展

会期:2021年12日4日~15日

オープニング・レセプション /トークショー/ サイン会

日時:初日夕方12月4日(土)16:00~

登壇者 : キングジョー・安田謙一( ロック漫筆家)・坂本慎太郎( 音楽家)

会場:BOOKMARC 東京都渋谷区神宮前4丁目26-14  tel. 03-5412-0351

⚠️ 会場では先行発売(数量限定)で画集が発売されます。正式な発売は2022年1月から発売されます。 

数々のミュージシャンのアートワーク、RECORD STORE DAYのポスター、独自のDJスタイルで知られる大阪拠点の画家・キングジョー。

2007年、時代に先駆けて発売された手描きレコードジャケット画集『SINGLES GOING STEADY』から10余年、待望の新刊『WHAT GOES ON』が遂に発売。ジョーが手がけた、四半世紀を越えるパーティーフライヤーのうち、現存するものをあますところなく収録した一冊!本画集の出版を記念して、収録されたフライヤー、彼のライフワークとも言える手描きのレコードジャケット、そして写真家・倉科直弘が撮影したキングジョーのポートレート写真を展示致します。

初日(12/4)夕方は個展オープニングイベントとして、キングジョーご本人、そしてロック漫筆家の安田謙一、音楽家・坂本慎太郎両氏をお迎えしてトークショーを開催します。

トーク終了後は3人のサイン会もあります(※会場で販売をしている本人の書籍にのみ)。

皆様のご来店お待ちしております。

[ お知らせ ] 📗サイン会の持ち込みの本に関して

お客様からお問合せが入り、会場のBOOKMARCさんに確認しました。坂本慎太郎 『Sketches for Music』は弊社のオンラインショップのみで販売していた書籍なので、持ち込みはOKになりました。それ以外の書籍は持ち込みNGで会場にてご購入頂いた分のみサインさせて頂きます。何卒ご理解の方、よろしくお願い致します。[12/2 ]

◆トークショー・サイン会 登壇者 プロフィール◆

安田謙一(Kenichi Yasuda) ロック漫筆家。神戸市生まれ。

著作に「ピントがボケる音」(国書刊行会)、「なんとかと なんとかがいた なんとかズ」(プレスポップ)、「神戸、書いてどうなるのか」(ぴあ)、「ライブ漫筆」(誠光社)、辻井タカヒロとの共著に「ロックンロールストーブリーグ」(音楽之友社)、「書をステディー町へレディゴー」(誠光社)、市川誠との共著に「すべてのレコジャケはバナナに憧れる」(太田出版)がある。

 

坂本慎太郎(Shintaro Sakamoto)音楽家。大阪市生まれ。  🏠  zelone records

1989年、ロックバンド「ゆらゆら帝国」のボーカル&ギターとして活動をはじめる。2010年に解散後、2011年に自身のレーベル「zelone records」にてソロ活動をスタート。今までに3枚のソロ・アルバム、1枚のシングル、9枚の7inch vinylを発表。2017年、ドイツのケルンでライブ活動を再開、以降国内外でライブを行う。様々なアーティストへの楽曲提供、アートワーク提供他、活動は多岐にわたる。 出版物として2冊の画集「SHINTARO SAKAMOTO ARTWORKS 1994-2006」(小学館)、「Shintaro Sakamoto Sketches for Music」(プレスポップ)がある。    

 

⚠️ 注意事項・新型ウイルスCOVID-19感染症対策により、入店時に手消毒と不織布マスクの着用をお願いしております。

・新型ウイルスCOVID-19感染症流行拡大、その他天災により、中止・延期となる場合もございます。

・関連商品の準備数には限りがございます。完売の際はご了承ください。


投稿順