[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
Fantagraphics /プレスポップ

[洋書]『サン・ラー:アート・オン・サターン 』( サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)

通常価格 ¥12,650 ¥0 単価 あたり
税込

🪐 世界中どこの国より早く入荷して発売中🪐

[📢 7.19.2022]    サン・ラーファンの皆様お待たせいたしました!そろそろ入荷します。日本は世界で一番最初に発売され、さらに日本語翻訳ブックレット付きです!宜しくお願いいたします。あと… 心苦しいですが… 値上げせざるおえない為替になったので7月25日から定価:12,650円(税込)に変更します安い定価の時にぜひ!ご購入を!PEACE!

[📢 6.22.2022]    7月下旬に画集を発送予定です。それにしても為替が厳しいですね… 7月入ったら定価を若干UPするかもしれません、値上げする場合は事前にここで告知をします。 

[📢 4.20.2022]  現在、為替の変動が連日激しくなってきていて1ドル=130円まではなんとかこの価格で頑張れますが、このまま円安が進むと定価をUPせざるを得ません、定価を変更する場合は事前にこのページで報告いたします。予約を入れていただいてお支払いを済ませていただいたお客様は仮に今後定価をUPしたとしても差額は発生致しません。なのでご購入することが決まっているお客様は(たぶん)早めに決済をお済ませ頂くことをお勧めいたします。何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします、ありがとうございます!PEACE!

[📢 4.19.2022]  For those of you living outside of Japan/Asia, please place your order directly to @Fantagraphics.

--------

日本先行発売! 
日本版には日本語訳ブックレット付き!
📚数量限定 ! お早めにオーダーお願いいたします !

世界中の個人コレクションから集められたこの本は、サターン・レーベルのレコード・ジャケットを初めて網羅したもの。また、サン・ラーと彼のアーケストラのメンバーが手作業で描いた一点ものデザインのスリーブやディスクラベルも数百枚収録されている。

アフロフューチャリズムの第一人者として知られるサン・ラは、ジャズ、R&B、エキゾチカ、アフロ・ハイブリッド、エレクトロニック、ビッグバンド、ピアノソロ、オーケストラ、実験音楽、室内楽など幅広いスタイルを極めている。45年のレコーディング・キャリアの中で、彼は膨大な数のアルバムを発表し、黒人ミュージシャンとして初めて独立系レーベルを持ち、そのレーベル名は彼が生まれたと主張する惑星にちなんで「サターン(土星)」と名づけられた。1957年から1988年まで発売されたサターンのLPジャケットは誰にも真似できない確立された世界観で際立つ。印刷機で印刷されたものもあるが、多くは手作業で作られたものだ。ライブ、クラブ、そして通信販売で販売された。サターン・レーベルのハンドメイドの一点もののジャケットは、今やコレクターズアイテムとして、数百ドル、時には数千ドルで売られている。これらは単なるレコードのパッケージではなく、それ自体が芸術作品なのだ。

この本は、サターン・レーベルの全カバーと、サン・ラー自身と彼のアーケストラのメンバーによってデザインされた数百枚のお手製のユニークなスリーブやディスクラベルが初めて包括的に集められたものである。サン・ラーの作品の管理者であるアーウィン・チューシッド、著名な サン・ラ研究家のジョン・コーベット、そして1970年代に サン・ラーと販売契約を結び、無数の自家製カバーを流通させたグレン・ジョーンズによるエッセイは、サン・ラーと彼のサターンでのパートナーであった、アルトン・アブラハムという二つの"惑星"の人生と仕事についてのユニークな洞察で、作品にまた別の味わいを加えている。

サン・ラーと彼の音楽は、多くの批評家たちを魅了し、幅広く語られている。本書は、収録された全てのジャケットたち、そして、その制作に関わったクレジットもされていない名も無きヴィジュアルアーティストたちの豊かな想像力へのオマージュである。シンプルなものからバロック調、不条理なものま...... サン・ラーのアルバム・ジャケットは、妥協することや自らの運命の主導権を手放すことを拒否した一人の天才の凄まじいまでの粘り強さを映し出している。

 

  • タイトル:『サン・ラー:アート・オン・サターン (サン・ラーのサターン・レーベルのアルバムジャケット全作品、その他多数)
  • 著者:Sun Ra 
  • 編集: Irwin Chusid  & Chris Reisman
  • アルバム・カバー・アート・文章
  • 言語:英語 (✳︎日本語訳ブックレット付き。翻訳:中沢俊介)
  • ハードカバー
  • オールカラー
  • サイズ:30cm ×30cmx2.4cm(LPレコードサイズ)
  • 240ページ
  • ISBN :9781683966586
  • 発売: 日本先行発売・7月25日 (アメリカでは10月25日に発売予定)
  • 出版: Fantagraphics  
  • ディストリビューション(アジア地域):プレスポップ


 


この商品をシェアする